男性

板金塗装で綺麗に復活|凸凹ボディの救命処置

曇り止めを活用

バスルーム

自動車にはミラーや、窓ガラスがあります。窓ガラスは対向車や、サイドから車がくるのを確認できるように透明であることは必要でしょう。しかし、冬場などは車内と外の気温に差がでることがあります。それによって、窓ガラスは曇ることも珍しくないのです。その為、エアコンをつけて外気温の差をなくす対策をとることができますが、すぐに効果がでないこともあります。また、気温差によって水滴が多く残ることもあるでしょう。そういったデメリットを防ぐ予防策として曇り止めをつけることが推奨できます。多くの住宅にあるお風呂場には鏡があります。鏡は設置された当初、お湯の湯気で曇ることは少ないことをご存知でしょうか。事前に曇り止め対策としてコーティングを施しているのが理由です。このお風呂場で活用されていた技術は現在、自動車のボディコーティングにも活用されるようになってきています。コーティングを施すことで、お風呂場同様に窓ガラスや鏡が曇ることを防ぐことができます。コーティングはボディに行なう専門性をもった費用のかかる方法といえますが、手軽な方法として、お風呂場の鏡で使用されているような曇り止めスプレーを利用することもできます。どの対策も永久に効果を失わないものではありませんが、長い期間曇りを予防することができるでしょう。また、効果をなくしたとしてもスプレータイプであれば、より手軽に自分でできるので、試してみてもいいかもしれません。ネットで調べることで、より効果の高い曇り止めに使えるものを知ることができるでしょう。